« 2012年12月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年1月

ダイアモンドより美しく

私たちの住むエリア、今年は本当に本当に
雪がたっくさん降っております。

今年はとにかく!雪が多いので、
雪かき大変です。

そして、今日も吹雪。

雪が降ると、とっても嬉しくなる。

吹雪になると、興奮してくる。

雪を眺めているだけで、限りなく透き通るように
バッチリ浄化されます。


昔は寒い冬と冷たい雪が嫌いでした。

でも、今は大好き!
真っ白いふわふわの雪・・・

顔面いっぱいにつけて、顔を真っ白くしたり♪
ケーキの生クリームをつけたような顔になります(笑)

雪玉や雪だるまを作って、飾るのも楽しい!

手でギューッ!!!っとすると、カチコチに硬くなる。

口に含むと、すぅーっと溶けてしまう。

なんて不思議なんだろう、雪って。


昼の雪も夜の雪も、本当に美しい。

キレイな雪がいっぱい積もった場所で、
まだ誰も足を踏み入れていないところに
ズカズカズカ~~~~と入っていき、

大の字に寝っころがって、空を見上げるのが
最近のマイブーム。

気持ちいいんだなーこれがまた!

昼の明るい空を見上げてると、飛行機雲と出会えた。

夜の静寂なひとときに空を見上げ、宇宙に想いを馳せながら
雪と一緒に寝ると楽しい会話ができる・・・

かまくらって、温かいよね。
あれと同じで、雪ってすごーく温かいんだよ。

雪の上に寝そべって、雪とおしゃべりしてたら
ココロも体もあったかくなった。

自然と一体感になれる、まさに至福のひととき・・・
なのであります。

雪って、本当に美しいよなぁとしみじみ思う。

真っ白くて、ひとつひとつが結晶というカタチをしてて
あんなに小さいのに、結晶がビッチリ集まると
ひとつの壮大な芸術作品になってしまう。

太陽の光が降り注ぐなか、雪が降ってきたら・・・
ダイヤモンドのように、キラキラ、キラキラ・・・

無数のダイヤが光り輝きながら
空から降ってきて、私に舞い降りる。

そんな景色と、何度も出会いました。

手のひらにダイヤがいっぱい!

こんなこと、普通は味わえないよね。

雪って、宝石よりも美しい。
自然が作り出す、天然の造形美。

人間の私たちには作れません。

そして、私たちもこの聖なる雪のように
ダイヤモンドよりも美しく、輝いていける。

そんなふうに思います。



※MOKO (C) 本サイトに記載されている全ての内容の
無断転載を固く禁じます。

|

タイトルが変わり、ムフフ

実はブログのタイトルを変えました~。

【Beau et Bon MOKO's Style】

フランス語なんですけれど、
Beauは美しい。Bonはおいしい!の意。

美しいもの、おいしーいもの、キレイなもの
見てるだけで幸せを感じれるアイテム などなど…

私の独断と偏見たっぷりのセレクトではありますが、
自分なりの審美眼をギラギラに生かして

選び抜いたものをこちらでご紹介したり
私自らが生み出したモノなんぞも
ドドドーン!っと、発信していきたいと思っています。

形式はブログですが、情報誌のひとつだと
思っていただければ、とっても嬉しい。


とにかく、ハッ!!!とするような美しいものに弱い私。

あ~~ぁ!ずーっと眺めていたい…と
顔がニンマリ、ココロがほっこりしてしまうような
アイテムって、ありそうで、なかなかないんです。

なかなかないからこそ、出会った時の衝撃といったら
言葉では表せないものがあります。

自然の景色、太陽の光、青空の美しさ、雲のカタチに
うっとりすることは多々ありますが、

人間が作り出したもので、素晴らしい!驚異的!と
思えるものって、あまりないかもしれません。

既製品に魅力を感じなくなり、自分で創るようになり、
美しいものを自分で生みだしていく面白さに
快感を味わうようになってきております。

MOKOのこだわり、おススメとあわせて
私なりのエッセンスを放っていきますので、

みなさまにもご一緒に楽しんでいただければ幸いです。


美しいものに触れて、美しいものを生み出して、
自らが、輝く美しい存在になりましょう。

そんな想いも込めながら、綴ってまいります。


あ、そういえば、Beau et Bonというお店。
Parisに本当にあるんですよぉー。

フランス中の美味しい!を集めた食材&ギフト店です。

実際にお店に行って、たらふく買い占めたいという
何とも欲深ーい企みがありますので(笑)

近い将来、それが実現したら、
そこでも素敵なアイテムたちと出会えるでしょう。

いっぱいいっぱい、発信しますねー。いえーい♪




※MOKO (C) 本サイトに記載されている全ての内容の
無断転載を固く禁じます。

|

2013年ヌーベルバーグ

華麗なる2013年が幕開けし、
早くも1ヵ月が過ぎようとしております。

皆さまも、希望溢れる新年のスタートを
心機一転にて、迎えられたことと思います。

私は昨年末にKitaraにて開催されたHTBと
朝日新聞主宰の【朝日ジルベスターコンサート】に
クワイアとして出演し、本当に本当に
貴重な体験をさせていただきました。

音楽って素晴らしい。

改めてそう思うことができ、感無量でした。

人のココロを動かすモノって、そうそう多くはありません。

なかでも、芸術は、ひとりひとりの細胞の奥にまで
感動という光を沁み渡らせるものと言えますが

音楽も然り。

何とも言い難い、深い喜び、嬉しさ、躍動…
音の調べは、私たちをいとも簡単に
様々な世界へといざなってくれます。

Kitaraのジルベスターコンサートって、
有名なんですねー。

開催して、もう10数年が経つと聞いてビックリ。

全然知りませんでした。

毎年、ジルベスターコンサートを楽しみにして
欠かさずお越しになるお客様も多数いるとのことで、
演奏ゲストは、回を重ねるたびに、レベルアップしていく…

なんと、聴衆のお客様は、ゲストが誰かを確認せずとも
チケットを購入してしまうんですって。

出演者、ライブ構成、ともに毎回期待を裏切らないもの
だからこそ、皆さん信頼を置いていらっしゃるのでしょうね。

このような素晴らしいコンサートが札幌で開かれていたとは~
いやはや無知ほど恐ろしいものはないですねぇ。

当日は、カウントダウンと共に会場内に大きいクラッカーが
パーン!!!!!ッと鳴り、
場内は底知れぬ大盛況!ハンパでない音量!!!

もーう!とにかく感動ものでした。

終演後は、おとそや元旦の新聞サービスもあり
余韻に浸ったまま、会場を後にしました。

2013年はもう祝福されたようなものだなぁ…
と、確信を持って、強く感じてしまった私でした。

今年も心を豊かに、様々な出会いに感謝し、
日常のなかで感動できる気持ちを
大切にしながら、生きていきたいと思います。


皆さまにも、沢山の幸運が舞い降りますように。




※MOKO (C) 本サイトに記載されている全ての内容の
無断転載を固く禁じます。



|

« 2012年12月 | トップページ | 2013年4月 »