文化・芸術

鎌田芳治氏の個展

時計台ギャラリーにて、15日まで開催されている
鎌田芳治氏の個展に友人と一緒に行ってきました。

とにかく素晴らしい!の一言です。驚愕します。

え~~~~~~!鉛筆でここまで描けるの?
どうしたら、こんな絵が描けるの?

モノクロの写真じゃないの?ホントに絵なの?

・・・そう思ってしまうくらい、素晴らしい作品の数々でした。

絵とは思えないくらいに、本当に繊細で美しいです。
感動します。私も本当に感動しました。

細部まで見入ってしまうくらいに、魅了されます。

絵の中に、鎌田氏の魂がしっかりと込められてて、
温かい愛のようなエネルギーを感じました。

彼は、鉛筆だけでジャンル問わず、様々な絵を描いていますが、
持って生まれた才能って、本当にその人だけの
輝かしい財産でもあり、強力な武器になるものですね。

過去に、木村環さんという女性のアーティストの作品と
出会いましたが、彼女も本当に素晴らしいお方で、

同じように鉛筆だけで、インスピレーションの赴くままに
環ワールドを展開しており、初めて彼女の作品と出会った私は
トルネードのような感動の嵐にまみれてしまいましたが、

今回は、2度目です。アゴ落ちしたのは(笑)

まさに、鉛筆恐るべし!鉛筆こそツールの真髄!と
言わしめてしまうような・・・そんな素晴らしい作品の数々でした。

とにかく、見てください!感動をお約束するのは
私が自信を持って保証します!って感じです。

素晴らしいアートと出会うと、心が豊かになりますね。

そして、才能ある人は、まだまだ沢山いるんだろうなーと思う。

才能があっても目が出ない人・・・というか、
上手にアピールできない、アピールの仕方がわからない人って
沢山いるのだろうと思います。

また逆に、自分のキャラを理解した上で、
上手に自分をプロデュースして、主役になる術を要領よく
身につけてしまう人もいる。

根っからのアーティスト気質の人は、プロデューサーの存在が
必要な場合もありますし、アーティストを目指している人は
自分はどういうタイプなのか?を自覚する必要はあるのでしょう。

私は絵心のない人間なので、もっぱら鑑賞を楽しむ側ですが
絵が描ける人は、尊敬に値しますねー。

そして、今までに、この人の絵はすごい!って思えたのも
数人しかいませんが、鎌田芳治氏のこれからのご活躍、
とても楽しみに感じております。

きっと有名になるだろうなぁー。
彼の作品を放っておく人はいないだろうなぁ。

惚れ込んでしまった人は、早くアプローチするだろうなぁ。

とにかく、本当に素晴らしいアートです。

開催期間があと僅かですが、ぜひ一人でも多くの方々に
ご覧いただきたいと思います。

★時計台ギャラリー★
http://www.tokeidai-gallery.jpn.org/week_f.html









※MOKO (C) 本サイトに記載されている
全ての内容の無断転載を固く禁じます。





|